第16講 簿記?
こんにちは、6月の日商簿記検定に向けて勉強中のstcです。

「就活に有利」という言葉に誘われて始めた簿記ですが、今ではその魅力にハマり、去年の11月には2級を取得、将来の方向性もだいぶ見えてきました。

今日は就職に有利な簿記をみなさんにご紹介します(笑

簿記とは、「帳簿記入」の略語です。
一言で言うならば、企業の家計簿と言えばいいでしょうか。
今月の収入はいくらで、支出がいくら・・・
っていうのを、記録・管理する事です。

さらに、その記録を基に、方針・戦略を考える事も出来ます。

もう少し詳しく、具体的に説明しますね。
企業の金庫に、100万円あるとします。でも、その企業の資産はそれだけじゃないんです。
1億円のオフィスビルと、1000万円の車と、500万円の売掛金なんかがあります。

はい、ここで用語解説入りまーす。
企業は他の企業から何かを買う時に、すぐに現金で払わずに、ツケにする方法をとる事もあります。自社の商品を他社に売った時に、ツケにした場合、「売掛金(うりかけきん)」というものが発生します。
逆に、他社から商品を買ってツケにしてもらった時は、「買掛金(うりかけきん)」というものが発生します。

買掛金の他にも、借金や車のローンなんかも、あります。
こういう、将来いつかは払わなければならないお金がいくらあるのかも、把握しておかないといけません。

興味を持たれた方は、是非簿記の勉強を始めてみてください!
[PR]
by satoc_555 | 2005-04-06 22:38
新しい知識がついたならば、ここをクリック!





<< 第17講 スパム? 第15講 吉田カバン? >>