第28講 インサイダー取引?
どうも、バイト先のフリーターの先輩が、「俺は株で食っていく」と言って、ついにニートになる覚悟を決めたのを、止めたほうがいいのか迷っているstcです。

そんなくだりで始まった今回は、インサイダー取引というものを紹介します。

インサイダー取引というのは、「インサイダー情報を利用して行う株式売買」の事です。これは、法律で禁止されていて、違反すると3年以下の懲役または300万円以下の罰金が科せられます。

では、インサイダー情報とはなんでしょう?
「インサイダー」とは、「内部者」という意味になるので、つまり企業の内部の人間しか知り得ない重要な情報の事を指します。そして、そういった内部の情報を知ることのできる立場にいる人が、その情報が公表される前に、その情報を利用した取引をすることを、「インサイダー取引」と言います。

では、具体的な説明に入りますが、その前に「株式」についての予備知識を。
「株式」とは、その企業の価値や将来性を示すものです。「株価が上がる=その企業は利益が期待出来る」と考えて下さい。

では、例えばのお話です。
SONYはプレステ3を開発しました。そして、研究の末ココストダウンに成功し、定価が1万円であると発表しました。ちなみに、任天堂やマイクロソフトの次世代家庭用ゲーム機は、3万円です。さらに、プレステ3用の新作のFF(ファイナル・ファンダジー)を始めとする、人気タイトルが続々と発表になっています。

これは、みんなプレステを買うでしょう。
間違いなく、プレステ3は大ヒット商品となり、SONYの売上は跳ね上がります。もちろん、利益もハンパない。そうすれば、株価だってうなぎのぼりです。

そうか、プレステ3が他のゲーム機よりも安く発売されるんだから、SONYの株は買っておいて損はないな!
ってみなさん思うかもしれませんね。

でも、みなさんがプレステ3が安く発売されるのを知るのは、SONYが公式に発表してからです。
って事は、みなさんよりも前に、SONYのプレステ3開発部の人達は先にそれを知ってる訳です。

つまり、プレステ3開発部の人達は、先にSONY株を買えてしまう訳です。

これは、ずるいですね。

さらによくないのは、会社の不祥事なんかが世間にバレる前に、持ってる株を全部売ってしまう事です。不祥事がバレて、信用をなくせば、株価は暴落します。

自分の会社の株を持っている事はよくある事ですが、知らない間にインサイダー取引をしていた・・
なんて事にもならないように注意して下さいね!
[PR]
by satoc_555 | 2005-05-20 02:51
新しい知識がついたならば、ここをクリック!





<< 目次 第27講 靖国神社? >>