<   2005年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
新しい知識がついたならば、ここをクリック!



第14講 先物取引?
「先物(さきもの)取引とは、将来の売買についてあらかじめ現時点で約束をする取引の事です。」

どうも、stcです。
今日は、先物取引とは、どのような取引なのかを、みなさんにお伝えしようと思っています。

現時点では売買の価格や数量などを約束だけしておいて、将来の約束の日が来た時点で、売買を行う事を言うのですが、何故わざわざそんな事をするのでしょう?

まァつまり、基本は今はお金がないから、予約だけって事なんですけどね(笑

ただ、ここで重要なのは、予約した時の価格で、将来に売買が行われるという事なんです。

具体例を挙げた方が分かりやすいので、読んでみて下さい!

Aさんは、10万円のプラチナダイヤモンドリングが欲しいとします。しかし、今はお金がないので、来年のボーナスが出たら買おうと思っています。
ここでひとつ心配な事があります。
プラチナやゴールドといった宝飾の原材料となるものは、常に価格が変動しています。なので、来年のボーナスが出た時点でのこのリングの値段が上がっているかもしれないという事です。
そこで、Aさんはジュエリーショップに行って、来年プラチナダイヤモンドリングを買うことをあらかじめ予約しておくことにしました。本日は手付金として1万円だけ支払っておけば、来年のボーナスでプラチナダイヤモンドリングを購入できるのです。
その価格は本日10万円と決めてしまうので、値上がりしてしまうかもしれないという心配はなくなります。
そして、次の年、Aさんは残りの9万円を持ってお店に行き、無事リングを購入する事が出来ました!

これが、先物取引です。
実際に、次の年のリングの価格が12万円になっていれば、Aさんは店頭価格より2万円安くリングを購入出来た事になります。
反対に、8万円になっていれば、Aさんは2万円多く支払った事になります。

この価格の変動を利用して、利益を追求するやり方があります。
「安い値段で買い、高い値段で売る」
これが出来れば、利益が発生します。

しかし、高い値段で買い安い値段で売る人も多く発生したり、悪徳商法のターゲットとなったりで、問題となっている面もあります。
[PR]
by satoc_555 | 2005-04-01 18:28
新しい知識がついたならば、ここをクリック!